傷跡が残らないほくろ除去の方法|レーザー治療で素早く消す

再発を防ぐ

微笑むレディー

病院で行われる治療法

大きく目立ったほくろが気になり、コンプレックスとなっている人もいる事でしょう。ほくろは確かに顔や手などの目立ったところにできてしまった場合には、鏡を見る度にストレスとなってしまいます。そこで、近年ではほくろ除去を行う人が増えており、病院で治療を受ける方法や、自宅で専用のクリームを使用してほくろ除去を行う方法などが存在します。まず病院で行われるほくろ除去の方法ですが、レーザー治療であり、平らなほくろから盛り上がった形のほくろまで治療できるという特徴があります。手術で行う場合には、くりぬき法と切除縫合法というものがあります。くりぬき法では小さなほくろや顔にできたほくろが対象となっており、メスやパンチなどの器具で大きめにくりぬき、再発を防ぐ事ができます。切除縫合法では、ほくろを切除して縫合する方法であり、傷の治りが早いです。自分に合った方法でほくろ除去をするために、色々な病院でどのような治療を行っているのか聞いておく事も大切です。

治療法の選び方の注意

病院で治療を受ける事が一番効果的である事が分かっているのですが、そのほくろ除去を扱っている病院は限られているので、事前に聞いておく必要があります。主にほくろ除去を行える病院は、皮膚科・美容外科・形成外科などがあり、それぞれ病院によって行われている治療が異なっています。基本的にほくろ除去を行う場合には、健康保険が適用されず、治療にかかる費用が高額になってしまう事が多いです。しかしそのほくろが悪性のものであれば、健康保険が適用される場合があります。またそのほくろが大きく、通った病院で保険適用となる基準になった場合にも適用される事があります。自分にできているほくろが悪性か良性かを調べるためには、くりぬき法を行う方が確実だという事が分かっており、悪性である可能性が見られた場合には、くりぬき法で治療を受ける事が必要です。このほくろ除去方法にも様々なものがあり、健康保険が適用されるものがあるという事を理解した上で、病院で治療を受ける事を決定するようにしましょう。

Copyright © 2016 傷跡が残らないほくろ除去の方法|レーザー治療で素早く消す All Rights Reserved.