傷跡が残らないほくろ除去の方法|レーザー治療で素早く消す

美しい肌を取り戻す方法

鏡を見る婦人

ほくろは、人間であれば誰しもが肌にその存在を抱えているパーツです。場所や色によって、時にセクシーさや妖艶さを演出してくれるパーツになることもありますが、ほくろの数が多すぎる、ぷっくりと盛り上がっていて目立つ、鼻の下や目の間など目立つところにある、などほくろに関する悩みを抱える人も少なくありません。そのため、ほくろ除去というものを受ける人が最近増えてきています。ほくろ除去は、皮膚科や美容整形外科などの医療機関で、専門器具を使って肌の上にあるほくろを除去するという方法です。治療の流れは、まず必ずほくろの状態のチェックをすることから始まります。大きなほくろや赤みがかったりしているの場合は、ほくろではなく皮膚がんなどの悪性腫瘍である可能性もあります。そのような場合にはほくろ除去が出来ないこともあるため、必ずチェックを行います。チェックをして問題が無ければ、医師とのカウンセリングの元ほくろ除去の手治療方法と費用、日程などを打ち合わせて、治療を行っていきます。

ほくろ除去の方法として一般的に用いられるのが、レーザーを使ったものです。特殊なレーザーを除去したい部分に照射することで、ほくろを奇麗に消すことが出来ます。治療時間は場所や大きさによりますが、5分程度で終了し、その日のうちにすぐ帰宅することも可能です。レーザー治療は、ほくろだけではなく、色素沈着してしまったシミやくすみなどを除去することも出来るので、同時に美白効果も望める人気の方法です。料金はほくろの大きさや形状などによって異なるため、必ず確認しておくことが大切です。また、もう一つが手術による除去方法です。レーザー治療では除去しきれない大きなものや、出っ張っているほくろなどに悩む人にオススメです。メスを使い直接切り取るため、麻酔が必要ですし手術時間もレーザー治療と比べて若干長くなりますが、それでも10分程度と短く、即刻帰宅することも出来ます。術後は患部が痛んだり、ヒリヒリしたりすることもありますが、きちんとアイシングをして安静にしておけば数日で改善され、奇麗な肌を取り戻すことが出来ます。

Copyright © 2016 傷跡が残らないほくろ除去の方法|レーザー治療で素早く消す All Rights Reserved.